Entries

東京ゲームショウへ

そんなわけで題名の通り
21から23日にかけて東京まで行ってきました。

コトの発端は戦国コレクションにて
お手伝いさせて頂いているコナミ様より
前売り券を頂戴した故です。


自分の住まいが♂playが飛んでる様な
「へき地」の為、東京なんてそうそう簡単に
行けるものではありません。


ただここ数年はご無沙汰であるし
折角の機会なので気分転換に旅でもするか、となりました。


1ヶ月前から新幹線の予約を取る勢いで
「どこでメシ食うか」まで綿密に計画立てて出かけたのですが…。


初日、広島に行く電車時点からトラブル発生。

線路上にじいさんがウロついているという
エマージェンシーで本来45分で着くところが
2時間5分も電車に乗るハメに…(T_T)


これで予約を完全に外し
せっかく隅のいい指定席だったのに変更という
雲行き怪しいスタートとなりました。

隣の窓側席にはおばちゃんが座っており
「なに、こいつ隣座ってるの?」
と大変不機嫌そうな視線で見られて、居心地悪かったです。


しかしそれだけでは終わりません。

東京に着くまで非常にいい天気だったのですが
アキバに降りた途端の「ゲリラ豪雨」のお出迎え。


なんというか…ここまで上手くいかないのも
まるで自分の人生見返しているようで切なくなりました。


それにしても自分のアキバの記憶は
もはや6~7年前のもの。

今回行ってみて明らかに街並が変わってましたね。

ちょっとアヤシイ電気の店が少なくなって
萌えグッズのお店が増えていたこと。

整備されて健全になったかと予想していましたが
欲望をそのまま街にして上級職にクラスチェンジした感じでした。


そして驚いたのが道端のメイドさんの数。

心なしか、コスチュームの完成度が上がっているだけでなく
「ここは風俗街か何かか?」と見紛うほど増員されていました。

なんか街ぐるみで年齢規制掛けられそうな気もしますが
ここはやはり面白い場所ですね。



そして2日目、本題のゲームショウに行って参りました。

何を隠そう人生初の経験で
どんなものか、かなりワクワクして行ったんですが…。

tgs_1.jpg


ひ、人が多い…(T_T)

幕張はモーターショウで行ったことがあるのですが
アレとはまた違う人の多さです。

もう移動するのと痴漢に間違われないようにするので一杯一杯。

なんか近くのカップルの♀氏が
「あ、今お尻さわられた…」なんか言い出すので
「まて!オレじゃねーよ!!」と思い切りヒヤヒヤしたりしていました。

そもそも、そんな度胸持ち合わせてねぇよ…(T_T)



結局展示なんかも何一つじっくり見られなくて…

あまつさえ、弟から「スクエニブースでシリアルコード取ってこい」
とか注文受けてたんですが…ムリ、あの人の壁をどうないせーっつうのです。

結局ゲームショウで得たものは
セガブースでたまたま空いていた隙間から
ねじ込んで盗撮した、このブレた1ショット。

tgs_2.jpg


おねえさん、スマホのカメラ程度に
視線送ってくれてホントありがとう(T_T)


でもやっぱ現場で生のおねえさん見たほうが
ライブ感があって可愛いですよ。

動くってのは、重要なんですよね。


その内、1時間も居ると疲れてきて
吉野屋で牛鍋食って帰ってしまいました…。

…いったい、僕は何をしに行ったのか…
…いったいゲームショウとは何だったのか。

この時、2日目もこのままハズレなのかと憂鬱になりました。


しかしその夕方、以前お仕事のご依頼をお断りしたにも関わらず
一度お会いして頂ける運びになった方と呑みに出かけました。

(色々とオトナ事情があるので、敢えて詳細を伏せさせて頂きます)


これがこの旅の1番のヒットでして(笑)

お話をお伺いしても「メイド喫茶の仙人」と
言って過言ではないと思われるプロフィールを
お持ちの方で、厳選の面白い店に案内して頂きました(^^)


現場の酔った勢いの2人で「あの髪の長い黒い娘、好みですねェ…」
「声、声掛けましょ~よ!」
とかとても30超えたおっさん達のする会話とは思えない
フレッシュなやり取り満載で…(笑)

標的のコは見た目が怖めな感じでしたが
1度注文すると結構話しかけてくれたりなんかして
まあ自分は存分、3年分は鼻の下伸ばしていたわけです。



アルコールの勢いは収まるところを知らず
その後某店で

tgs_4.jpg


念願の丘のあるこんなものを買ったり
某所のライブで盛り上がってる、人を見て盛り上がったりと
色々なカルチャーに触れさせて頂きました。


やっぱ何か大きいことをしようとしている人というのは
引き出し、というか興味に対しての探求が
とてつもなく深いんだなあ…と感心しました。


この場を借りてまたお礼を申し上げます!
この借りは、いつか必ず。



そして本日雨に見舞われながらも帰って参りました。

帰りの新幹線は故郷に近づくにつれて晴れてきて
あまりに空の夕焼けがキレイだったので旅愁、というか
振り返って色々と考えることが多かったです。

これ考えてる様じゃいけないんですが
「なんでオレは絵描いてるんだ?」というのは
やはり、テーマとしてグルグル回っていました。


3日間、予定ブレまくりでしたが
こういう旅に出る機会って、自分を見直す意味でも
やっぱり重要なんですよね。



そして、帰ってひと段落着いた所で
某アイテムをセット。

tgs_5.jpg


うん、バカ度が増しました。

でもこのフィット感というか、収まりは
なんかホントにお尻の間にクッションされてる
錯覚に陥りますね。

癒される…。

マギカは見たことないですが
細かいコトはいいのです。


さて、それでは4日は完全に怠けてしまったので
謹んでお仕事に戻りたいと思います(゜゜)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rapiecage.blog44.fc2.com/tb.php/140-8cf97f84

トラックバック

コメント

[C415]

物凄くお久し振りです。今年の初めにイラストの件でお世話になったヒナゲシです。
pixivのイラストとこちらの日記は欠かさず拝見しております。なかばやしさんの楽しい日常が伝わってきて凄く面白いです。
東京・・・懐かしいです。自分も親の実家であるこっち(山口県)に戻るまでは東京の人間でしたので。
なかばやしさんの様な面白・・・素敵な絵師さんと同じ県に住んでることに嬉しさを感じます。
お仕事の方も盛況そうで何よりです。それでは・・・

[C416]

これはこれはおひさしぶりです。
芸術の秋ですが作曲の方の調子はいかがですか?

こんなに更新の少ない場所にも関わらず
いつも見てくださっているのを聞いて
うれしくなりました。

折角読んで下さる人がいるのだから
面白く思って頂けるように地味に工夫をしているつもりなので
面白いと言って貰えるのはまさに褒め言葉ですよ。

それにしてもヒナゲシさんもY県にいらっしゃったんですね(゜o゜)
しかもお酢play飛行してる周辺だったりして…

だったら本当に近くのハズです(笑)


交通が便利になったおかげで
東京も随分近くなりました。

住むのは大変そうな所ですが
たまに観光で行くと色々あって面白い場所ですよね。


これからもまた自由時間が取れ次第
更新と絵のアップはして行きたいと思いますので
また立ち寄ってみてください(`´)
  • 2012-09-24 15:10
  • なかばやし
  • URL
  • 編集

[C417]

やっぱりY県に住んでる以上、雄playの話題は周りに常にありますね。
こっちに帰ってきてまだ数年ですが、その頃津和野にドライブしにいったことがありまして、
その後なかばやしさんの「津和野ガールズ」を偶然ネットで拝見してブッ飛んだことを今でも覚えています。
こんな(題材でこんな)絵を描く人がいるんだ!と素直に思いました。
勿論pixivでブクマもさせて頂いてます(僕のページを見て頂けたら分かると思いますが、自分かなり雑食です)

思う所あってまたミク始めました。そして今度は継続していこうと思っています。
こういうことができる内に少しでも自分の「作品」を残しておきたいと思ったので。

それでは今後も素敵な作品、期待しています。

[C418]

津和野はね(笑)
自分も誰も描かんだろうと思ってました。

でも絵はこれ描いちゃダメとか
ホントはないものですから。

そういう部分に立ち返って描いてみると
いろんな人から「いいじゃん」と言って貰えて
ある種自分の一番にじみ出た絵になったのかもしれません。

そろそろ秋といういい季節になってきたので
またビートをオープンにしてドライブしに行こうかなと…(笑)


継続は力なりですよ(^^)

イヤでも、成長止まっても、ウケなくても
上を目指して続けてりゃいつかは
分かってくれる人も現れてイイことありますって。

そういう意味でも自分もまだ継続しないと…(T_T)


つうことで、お互い頑張りましょう!
  • 2012-09-26 00:01
  • なかばやし
  • URL
  • 編集

[C423] 本

ナイス・キャッチ!

[C424]

え?何か受け取りましたっけ?
  • 2012-10-17 22:32
  • なかばやし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール


Author:なかばやし黎明

イラストレーターです。

現在「兼業」へ移行中につき
表向きはお引き受けを
控えております。

ただ締め切りに余裕のある
お仕事にはお応えできます。

一先ず以下の
メールフォームより
ご相談をお待ちしております。