Entries

出雲長距離ドライブ紀行

この9月から諸事情により実家に戻ることになりました。

一人暮らしから離れると多少余裕も生まれたのか
ここ数年行ってないドライブでもすることにしました。


場所は「縁むすび」で有名な出雲大社です。

13年前、まだ赤のCL1アコードに乗っていた頃
デコボコの道と、どこまでも続くかの様な国道9号線に
「魔のルート」として記憶していた出雲への道。

そこにまた赤いクルマで挑みました。

swift.jpg

swift_2.jpg

swift_3.jpg


スズキ スイフトの1300cc 平成18年式、5速MTモデルです。

事故歴多数で足まわりとベルトにガタが来ていましたが
機関は良好、内装はキレイです。

車検とタイヤの溝もありませんでした。
走行は11万キロ越えでしたか…。

いわゆる中古車としては喜ばれない車なので
解体されるのが運命だったでしょう。


今年初め母が新型のRSに替えるということで
下取り「5万円」で捌かれ解体行きが可哀そう過ぎたので
自分が5千円の10回ローンで買いました。


今はベルト周りとタイヤ、クラッチペダルを交換して
先月モービル1入れてイイカンジになっています。

本当はS660を買う気でおりましたが
これでまだまだ先になってしまいそうです。


ウチから出雲大社まで片道が220km。

以前日帰りで行って実に後悔したので
今回は出雲で一泊する予定にしました。


クルマでドライブなど本当に久しぶりです。
4日前くらいからクルマ磨いたり、安いガソリン添加剤入れたりと
気分を盛り上げて行きました。

こういうのは行き先どうこうではなく
どう向き合ってどう楽しむかが大切なのです。



長く見て6時間は運転するので
朝の5時、暗い内から出発します。

進むにつれてだんだんと夜が明けていく感覚
空が白けて行く様子を楽しめるのは
長距離ドライブの醍醐味です。


益田のバイパスあたりで朝日が昇り出し
久々に感動致しました。

このあたりで一先ず休もうと
最初は三隅で一休み。

9号線沿いの道の駅は海沿いのものがあり
どれも絶景を楽しませてくれます。


misumi_w.jpg

misumi_w2.jpg


切り貼りを考えずに撮ったので
ちょっとガタガタですが…(笑)

朝一の海は非常に癒されます。

実はここ「ゆうひパーク」という名前だったので
夕方来た方が本領発揮という感じなのでしょう。


山陰の9号線は坂とカーブが結構多いです。

しかしここはスズキがかなりソノ気で作ったクルマ、2代目スイフト。

ガタガタの足まわりであっても、カーブを曲がる度に
ボディがしっかり作ってある感じがよくわかります。

1300ccの排気量も
坂でのパワー不足はありますが
そこは5速MTで引っ張ってやる楽しみがあります。

発進時のクラッチ合わせなど特有のクセはあるので
誰にでも(MT慣れしていても…)オススメできませんが
こういう道で走ると結構おもしろいクルマです。


以前来た時よりも随分と道が走りやすく
キレイになっており、都市部ではバイパスも使うと流れがいいので
ドライブコースとして優秀だと思いました。

これで天気がいいと、たまらんわけです。


次はキララ多伎でストップしました。

kirara_w.jpg

kirara_2.jpg

kirara_1.jpg


次は水平線を同じになるように意識しまして…(゜゜)

右には今日の目的地の一つである日御碕が見えます。

このキララ多伎から出る際
9号線に出る反対側に出雲大社直通の様な道があります。

この道は信号もなく、隣はずっと海という良スポットで
非常にいい道でした。


…で目的地の一つ、出雲大社に到着です。

以前行ったときは、よく調べておらず
横から入って「まぁ、人少ないあそこでいいか…」と適当に
真ん中の社をお参りをしてさっさと帰ってしまいました。

結果、良縁はいくつもありましたが
どれも自分自身で逃がしたり、取りこぼしてばかり…。


しかし今回は下調べ万全。

更に思い立ったが吉日とはこのことか、と
今年は60年に一度の限定お守りが買える機会なのだそうです。

正直、道中の運転を楽しむのが本懐なので
遊び半分、冷やかし上等で正門から突入してきました。


しかし正門から入るとパワー感じますね。

道の両脇に立った立派な松の木に
「やはりその土地には気の様なものはあるのか…」
と訳わからんことばかり考えながら進みました。

結果、その佇まいに押されて
あんまり写真撮っておりません…(゜゜)


izumo_1.jpg

izumo_2.jpg


このイケメンと同じポーズを取ると
ご利益があるそうです。

ただ♂一人遠征だったのと
30代で回りの目など下らないことを気にする様になったので
心の中でポーズ、取りました。

多少前向きになれたかもしれません。


それなりに抜けた部分もありましたが
スサノオ様のお社までキッチリ回って
60年限定お守りも忘れず購入致しました。

信仰心もない割に、わがままなお願いばかりしたので
神様にも「いい加減にしろよ」と思われた事でしょう。


さて、そろそのいい時間なので昼メシにします。

実は、このご時世では珍しく
朝早く起きて弁当など作って参上しておりました。

ここはやはり、前回も回り切れていなかった
もう一つの目的地、日御碕に行きました。

「時間的にどうかねェ…」とは思っておりましたが
これならホテルチェックインまで時間が有り余っています。


この通り最初はメシ食えればいいかというノリでしたが
結果的にこの遠征一番の印象に残る場所となりました。


ここも出雲大社ほどではないですが
観光地として整備された所です。

地元の人がしている昔からのお土産屋が並び
建物は古いですが、道など小奇麗に整備されており
独特のいい雰囲気を感じられます。

店先にはカレイの干物なんかがあったりして
うまそうなので思わず1枚買ってしまいそうになりました。

しかしとりあえず、メシだ。
何かいい場所はないか、彷徨います。

以前は灯台上がって帰っただけでしたが
周囲は整備されてかなり広い遊歩道になっていました。

hinomisaki_1.jpg

hinomisaki_8.jpg

hinomisaki_5.jpg

hinomisaki_4.jpg

hinomisaki_6.jpg

hinomisaki_w.jpg


す、素晴らしい…。

正直期待していなかったので
ここまでいい雰囲気だとは思いませんでした。

この天気の良さも相まって
ここは楽園かと錯覚しました。

hinomisaki_2.jpg


そこにいいカンジの休憩所があったので
ここで決定です。

hinomisaki_3.jpg


豚のしょうが焼き弁当です。

出発前の準備に手間が掛からず
旨くて満足出来そうなのがテーマ。

これも気分を盛り上げるために前日の昼から
下味を漬け込んでおります。

玉ねぎと人参を加えて栄養も考えた気になっています。


一人暮らしの時も何度か作っており
旨い時、微妙な時もありましたが
今回のは辛み、甘味といい実にナイスでした。

そこで目に前はこの風景なので
この時「今日はここに来るために運転してきたのだ…」
と気づいたものです。


hinomisaki_7.jpg

hinomisaki_10.jpg


ここの岩は非常に特徴的なカタチです。

最初見た時、竜のウロコか?と思ったものです。
そういう伝説があったりして…

hinomisaki_11.jpg

このイスの佇まいなんかも…
私的なロマンを最高潮に刺激されます。

この日の日御碕は
ラピュタと聖剣伝説とカルドセプトの背景を
ミックスした良さを発揮しまくっています。

写真では表現できない空気感というのがありますが
そこも合わせるととんでもない破壊力でした。


hinomisaki_22.jpg

hinomisaki_23.jpg

hinomisaki_24.jpg

はたして松に色々考えさせられたことが
今まであったのだろうか。


ここで遊歩道を1コース回り切り
灯台の傍を通ってもう一つの方にも足を延ばします。

hinomisaki_12.jpg

hinomisaki_13.jpg


今回は上りませんでしたが
これが名物の灯台です。

影に空の青が映り込んで
地中海の雰囲気をどことなく思わせます。

この灯台、デキる。

hinomisaki_15.jpg

そして通路に美学を見出す人。


hinomisaki_14.jpg


こちら側から海を見ると…
どうしても「ミサイル飛んでこねぇかな…」
と気になってしまうのが人情です。

hinomisaki_17.jpg

hinomisaki_18.jpg

hinomisaki_19.jpg


先ほどの方とは違い
山陰の海らしい岩肌が楽しめます。

日本海の荒波にさらされても耐える岩達…
そういう人間に私もなりたい…(゜゜)

hinomisaki_16.jpg

hinomisaki_20.jpg

hinomisaki_21.jpg


そしてこちらが終点となる休憩所です。

このイスに座って色々と考え事をしたり
ミサイル監視したり…

あの今起こった波はミサイル落ちて起きた波じゃないかと邪推したり…

どうしてもミサイルに思考が持ってかれますが
旅愁に浸っておりました。


日御碕、本日は実に素晴らしかったです。

出雲大社行ってそのまま帰るのは切ない。
天気がよかったら是非セットで行ってみましょう。


しかしこちらも兵どもが…ではないですが
不況と高齢化のあおりを受けてか
侘しくなる様相の建物も見受けられました。

今はまだキレイな感じのお土産屋通りでしたが
その内さらに寂しい感じになるのかと思うと
また感慨深いものがあります。


そう感じても、こういう変化は
自分でどうこう出来る限度があるものです。


それならば尚更、現状を噛み締めて
よく味あわんといかんなぁ、と立ち去る時に思った次第です。

帰りのスイフトの中でも
弟からお下がりのナビから
実にいいカンジの音楽が流れて印象深い日御碕となりました。


結局、出雲効果でどこかしら良縁があるかはよくわからないですが(笑)
この風景の数々が見れたことが今回の最大の収穫です。


最近、絵の調子は絶賛良くないですが
また明日から、描きますか(゜゜)

…すみません、TOP絵はまだ遅れそうです…(T_T)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rapiecage.blog44.fc2.com/tb.php/188-206a651e

トラックバック

コメント

[C540]

青いですなーキレイすぎる!
長崎は基本的になーんかくすんだ空模様が多いですけども
こんなテンプレのような快晴は滅多にないですw

出雲大社行って来たんですね
是非中も見たいところでしたが神社とか行って写真取るのも何か気が引けますよねw
写真見るだけで何か開放されるようなパワーを感じる!
60年に一度とかってほんと一生に一回買えるかどうかって感じじゃないですか!
運良すぎwww
そしてミサイル飛んでくる前に飛ばしそうな方々には民主化して欲しいところですな!!!

車の話も久々ですね
うちの軽もそろそろ買い変えないとヤヴァイとか思いながら車検に出してしまいましたわ……
自分もMT車乗りたいですがもう多分一生無理かもしれない

イラスト期待してます!

そしてブログにコメントしてると
たまに承認待ちコメントになるんですが
間違えてこっちで設定しちゃってるんですかね……?
  • 2015-09-20 04:18
  • tom
  • URL
  • 編集

[C541]

今回はたまたま天候にまで恵まれて
印象深い良いドライブになりました。

出雲大社の60年のお守りも含めて
直感で思い立った時というのは
そちらに行った方がいいのでしょう。

そんなレアな機会に関わらず
みなさんあまり知らなかったのか
限定お守りを名指しで買う人はいなかったですね…


車の捉え方は人それぞれですし
走ればいいのはある意味真理といえます(笑)

今や3ペダルのMT車種は物好き用ですし
交通の妨げやってるだけかなと思う時もあります。

ただ燃費でもまだまだいい面もありますし
ぶっ壊れても修理の見当が付きやすいですからね。


あれ、了承待ちってそういう仕様なのか…?

今までは書きこまれた方の意思で
そうなっていると思っていました。

たぶん…他のサイトで管理者了承投稿をすると
そのまま別のサイトにもチェックが
持ち越されたままになるのではないかと…?

申し訳ないです、ここは原因がわかりません。


意図せずあれになると見落としが
出やすいですよね…(T_T)
  • 2015-09-20 23:20
  • なかばやし
  • URL
  • 編集

[C542]

やっぱり狙って買いに行くコアな人はそんなにいないんでしょうね
何しろ60年ですし知ってても忘れてるとかありそうです

好きでMT免許取ったクチですから
やっぱりMTに乗りたいって言うのは常々思っていますw
あえてMTに乗ってAT勢に「トロい」と思わせない運転をするみたいな自分の中だけの遊びが楽しかったりしますしwww
ATはあれ運転が作業感すごくてしんどいですわ……
燃費はやっぱりMTの方がいい時ってありますよね
山越えするみたいな起伏激しい道行く時とかはMTの方がいい感じのような気がします

ちょっと調べてみたところ
FC2ブログの仕様で
一ヶ月更新されないと広告が出る感じで
更新がないまま一ヶ月経ったらそれ以降の新着コメントは更新されるまで
勝手に承認待ちになるそうです
ほんのり厄介な仕様ですねwwww
  • 2015-09-21 22:09
  • tom
  • URL
  • 編集

[C543]

このスイフトもそうなんですが
最近のMT車も瞬間燃費が数値でわかる
車種もあるんです。

あれ見ながら走ると結構おもしろかったりします。

同じ平坦な道でもどのギアで行くかで
どれくらい燃料食ってるかが分かりやすいんですよね。


山道だと個人的には下りの時
ピコピコとブレーキランプを点灯させなくて済む所が
精神衛生上好ましく思っております。

どちらにしろその内なくなる機構ではあるので
今のうちにS660の6速MTを…(´`)


なるほど、それは厄介な仕様ですね(゜゜)

FC2から1か月に1回は更新しろと
穏やかなプレッシャーを掛けられている訳ですか。

絵描いてる以外ホントなんにもない生活だからな…
ネタもないんですよね…。


まだバイトしてる頃の方が
ブログも充実してたかもしれませんね…。

絵から解放されたいと思う時はあります。
  • 2015-09-23 22:19
  • なかばやし
  • URL
  • 編集

[C544]

今そんなのあるんですね
燃費の目安がひと目でって言うのはいいですね
最後に乗ったMT車は中古の多分型落ちのムーヴでしたし
最近の車事情には疎くて……

S660はホンダのヤツですな!
あれかっこいいですね
そして自分には一生関わりがなさそうなお値段です……

多機能で便利なFC2ですけども厄介な仕様ですね

毎月とかでもネタ尽きちゃいますからね
ブログ自体が趣味じゃないと
趣味に行っちゃって放置しちゃうとか
なかばさんの場合は多忙を極めてみたいなこともありますし
自分はブログとか合わないなと悟ってpixiv専門になりましたが……
難しいですよね
さじ加減と言いますか
ブログも更新しつつ趣味もやりつつ仕事もやりつつみたいなのは
逆に、でもないですけど昔懐かしテキストサイトの方が
変な更新しなきゃプレッシャーが発生しにくいのかもしれない
  • 2015-09-24 01:42
  • tom
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール


なかばやし黎明

Author:なかばやし黎明

イラストレーターです。

2017年5月より
「兼業」になりました。

その為、急なご案件には
お応えが難しくなっております。

現在2018年4月頃まで
ご相談を頂いております。

ただ、何かございましたら
一度ご相談頂けますと幸いです。


ご連絡は以下
メールフォームより
お待ちしております。