Entries

s660試乗記

またクルマ談義で申し訳ないです。
一応絵のブログなんですけど…(T_T)


昔ビートに乗ってた頃から
「このクルマ新型出たら絶対買うぜ」
と思っていたあの頃。

しかし日本という国はスポーツカー…
ましてオープンカーなどという自己主張の強い
浮ついた車種には世間様の風当たりが厳しい風土があります。

だからそうそう売れない…
そうなると新型も出ない…

気が付くと浮ついた車、ない…と

我々にとってのエコカー時代は暗黒時代でありました。


そんな中、ホンダがファンに応えてくれました。
時代をひたすらに逆走する車、S660です。


一時期「オヤジグルマ」というものがありましたが
白か銀の4ドアセダンと相場は決まっておりました。

スポーツカーがまだ若い人の乗り物だったあの頃です。


しかし今、「オヤジグルマ」を再定義すると
まさに「オープン2シーター」になるのではないでしょうか。

言うなればS660とは、そういうおっさん狙いの
側面も持っているのでしょう。

自分も既に片足つっこんでるので
もうみんな仲間みたいなものです。


最近やっとこさ近所のホンダに
試乗車が配備されたとのことです。

「試乗車ある内に冷やかしに行っておくべき」
と本日冷やかしに行きました。


s660.jpg

ロマンスもない。

結婚(に夢も見れそうに)ない。

もうクルマしか、夢見れるものないんです。


こちらの試乗車は
S660 αの6速MTモデルでした。

中にはCVT(AT)車の店舗もあるので
手動式が欲しい自分としては非常にうれしかったです。


そんなわけでお店の人の
「コイツ買いそうにねぇなあ」という視線を浴びながら
S660のコックピットに侵入しました。


事前に「乗り込みにくい」という情報を見かけておりましたが
そんなことはあまり感じませんでした。

スポーツカーというのは乗る時
傍から見て見苦しい姿勢になるものです。

ちょっと腰痛くなるものなのです。

むしろこの腰痛から
既にアミューズメントは始まっていると言えます。


そしてシートに収まった感じですが
ビートで感じた自然なポジション…とはいきませんでした。

(当方167cmの体重52kgであります。)

ビートの良さは座った時の
「しっくり感」にもあったと思います。

初めて30万の中古車に乗った時でも
まるで買う運命にあったかのように
体になじんだ思い出があります。

ただS660は多少、機械モノが優先で
そこに人が合わせる感じが致しました。


この感覚は(初代)コペンに乗った感覚に似ております。

もちろんポジションはコペンよりずっと低く
シフトの高さなども本格的なスポーツカーらしいものです。

このあたりは買って、色々調整すれば
その内慣れてくるのかもしれません。



さて、それでは発進してみましょう。

ターボ車ということで
どうせ1テンポ遅れた反応なんだろう…と
多めにアクセルをアオったんですが…。


す…、すげぇ…!
予想を大きく裏切られるアクセルレスポンスです。

ターボらしからぬ、ビンビンな反応です。

まさに「敏感」という言葉がお似合いではないでしょうか。

ヘタするとビートよりもイイ…
とりあえずスイフトの1300の5MTよりは上にありました。


クラッチの合わせもラクチンです。
スイフトの発進に比べたら天国と地獄の違いがあります。


気になるパワー感ですが
これは発進から加速まで、どのシーンでも
自分にとっては非常に満足いくものでした。

もちろんパワフルとは言えませんが
ビートが念頭にあったので
「おお、速くなったじゃないか!」と感動しました。

ただパワーで押してくタイプではないので
そちらに多く期待はされない方がよいと思われます。


また、S660のエンジンは回らないという
情報も見たのですが…

当方はあまりエンジンを回さない人間ですが
その限りだと特に不満は感じませんでしたし
充分前に進みました。


そもそもビートも回るけど
前になかなか進まないエンジンではありましたし…(笑)

そこが可愛くもありました。


ギアチェンジでアクセルを戻した時など
後ろからブローオフバルブが
「プッシュン、プッシュン」健気に鳴ってくれます。

(このクルマはエンジンが後ろにある為です)

個人的には大好きな演出ですし
昔この音を鳴らすためにMR2で付けてた勢です。


これをウザいと思う方は間違いなくいると思いますので
マイナーチェンジがあると、なくなるのでは…と危惧しました。

こういう遊び心は消えないで欲しいですなぁ。


背中からのエンジン音も
聞かせてくれるセッティングになっています。

これは…あんまりいい音質ではないかも…(゜゜)

ビートは盛大に音が「侵入」してきましたが
なぜかあんまり気にならなかったんですよね…。

何の違いなのだろうか…?
アレも軽トラの親戚エンジンだったような…。


ハンドリングについてはコースの関係で
試すことができませんでした。

ただ、一つ言えるのはかなり本格的なモノを
持っているのを感じられた事です。

ハンドルを操る感覚がビートやコペンの様にライトではなく
非常に芯のしっかりしたものを感じました。

もしかすると一番おいしい所を
味わえなかったのかもしれませんね、残念。


乗り心地や異音なども
スポーツカーと割り切れば心配ナシ、です。

コペンの電動トップ異音問題を体感すると
静けさの極みの様なものです。


そんなこんなでお店の人に
「買わないなら早く帰って頂戴な」
なものを感じたので、早々に引き下がることに致します。

決して、買わないわけじゃないんですけども…(T_T)
カタログだけちゃっかり頂いてにっこり退散いたしました。


結果、S660はビートとは別車になっていました。

ただこれは残念なことではなく
ビートを買う前に勝手に思っていたスポーツカーのイメージが
S660で再現されていた、と言った方がいいかもしれません。


ビートはどことなく隙がある感じで
厳密にはスポーツカーではありませんでしたが
S660は妥協なくキッチリ走りに特化させてきたクルマです。

そのストイックさが窮屈と感じるか
押しつけがましいと思ってしまうか。

S660を気に入るかどうかはそこに掛かっていると思います。


ただ成功する(たくさん売れる)クルマというのは
ある程度隙がある…ような気もします。

そういう意味でもコイツは乗ってみて
自分で感じた感情に従った方がいいタイプでしょう。


ただし、あくまでスポーツカーなので
様々な不便への割り切りは大切です。

スポーツカーに乗るのは修行みたいなものだと思っております。


個人的には、こりゃもう買うしかないと思いました(`´)

こんなとんがったクルマを発売しようと勘違い出来るのは
やっぱりホンダしかないでしょう。

作り手の意思が伝わってくるクルマです。


ただ、これはビート以上に
隣に乗った人は不快指数高いかもしれない…。

そういう意味で結婚諦めた独身向きの戦車と言えます。


実はこの車が出るというウワサがあった頃から
ひそかに食費を切り詰めて「もしかして貯金」をしていました。


最近目標見失って、多少鬱っぽくなっていたのですが
なんとなく目指すべき小さな山が見えた気がしました。


頑張ってオカネ貯めて、めざせS660一括購入!


ローンは自営業なので組めなさそうで…(゜゜)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rapiecage.blog44.fc2.com/tb.php/189-b1c522dd

トラックバック

コメント

[C545] リクエスト

初めまして、アイアンといいます。リクエストをさせてもよろしいですか?知っていればいいんですか、知らなかった、パソコンでも調べてもいいです。無限のフロンティアの乙音とシンディの二人の尻を描いてもらいたいです。よろしくお願いいたします。

[C546]

運転して楽しい車の助手席は不快
ありますねwww
でも昔先輩のこってこてにカスタムしたシルビアの助手席に乗せてもらいましたが
あれはなかなか快適な助手席心地でした
うるさくて雑談もできなかったですがw

しかし目標
お金の使い道、更に高価な物となると真っ先に浮かびそうですが案外盲点でしたね
モチベーションが上がったみたいでよかったです
スポーツカーって日本じゃやっぱり性能を持て余すイメージがありますよね
全盛期は自分らの父親世代くらいですかね?
イニDみたいな事やっていいならもっと流行ってるはずwww
サーキットとか近くにあればそこで遊ぶ用の車を用意してみたいな遊びもありなのかもしれない
買う機会ないだけに見るのだけが楽しみだったりするんですが
高速乗ってもスポーツカーって見なくなりましたし
プリウスプリウスプリウス軽プリウス軽軽が普通の世の中、寂しいですなぁ……

仕方がないのでグランツーやってきます
  • 2015-09-28 21:14
  • tom
  • URL
  • 編集

[C547]

アイアンさん>

いつもお世話になっております。
何度も言いますがリクエストはお応えしておりません。

趣味絵くらい人にどうこう言われず描きたいです。

版権キャラを描く際は
そのキャラが自分視点で好きであることが
最低限のマナーだと思っております。

尻がすきなら、自分で描きましょ。


tomさん>

本来改造したスポーツカーの助手席は…
お世辞にも良いものではないですよね。

きっと先輩もある程度は普段使いも
考慮した足にされてたんですね。


新車買うなんて夢にも見れない財政事情が
十数年続きましたからね(笑)

今はアレコレ我慢すれば、どうにか。


ウチみたいに田舎だと信号ないですし
道もいい、更にカーブも適度にあって
乗れる環境が揃っているとも言えます。

買い物行こうと思ったら
フツーに峠下らないとたどり着けないような所です。

確かに生活圏に性能を生かせる場所が
あるかどうかは重要ですね。


周りがみんなスポーツカーばかりだと
それはそれで異常かなとは思われますが(笑)

こういう手の届く本格スポーツというのが
いつも新車で買える器の大きいマーケットであってほしいです。

買ってみると苦労も多いですけど(笑)


ただ別に運転上手いわけでも
車の限界性能出し切るわけでもないんですが
どうせ乗るなら、作り手の意思が分かる車がいいです。

そういう部分、絵も同じことが言えるかもしれません。

  • 2015-09-29 22:56
  • なかばやし
  • URL
  • 編集

[C548]

お久しぶりです。
この辺りにS660の試乗車が有ったのに驚きました。

S660って構成を見たら、トランク無し、幌はアタッチ式とゴージャス志向の今時のスポーツカーとは隔する割り切った作りですよね。
ストイックでロータスエリーゼの軽バージョンと言うか。
今時のライトウェイトスポーツって法律(安全)との戦いみたいな所が有るので、こうせざる得なかったのかなぁ?なんて考えてしまいます。

しかし、この手の車を出してくれるのは嬉しい事です。
  • 2015-09-30 16:56
  • ねんち
  • URL
  • 編集

[C549]

画像から想像してましたけどもやっぱりちょっと僻地気味なところでしたか
自分のところも町の端っこで背後はもう猿とか猪とかいるらしい(見たことはない)山ですわ
通勤してたころは二、三個山を越えてくって感じでしたね
捕まらない程度に飛ばすのが気持ちよかったりもしたんですけども……

信号がないのはいいですね
長崎は信号だらけですよ
酷いと直線の通り、見えてる範囲に5個くらい並んでたりしますし
帰宅ラッシュ時にはアホみたいに込みます
裏道もないことはないけど少ないから裏道も込むと言う

昔よく見かけたって言っても高速に乗れば5,6台当時のスープラ、NSXとか長崎では全く見ない車を見かけるって感じですよw
今はもうほんとゼロに近いですね
若い人もでっかい車とかヤクザな車に乗りたがりますし
スポーツ自体が古臭くもあるのかも

スポーツカーだらけなのが異常といえば
2,3年前に泊まりに来た婆ちゃんを送るんでスイーッと運転してたら
全部真っ赤なフェラーリとカウンタックの集団が5,6台走ってるのを見たのを思い出しました
あれは確かに異常
ほんと衝撃の光景でしたwww

そして送って帰ってきたら宮崎大分辺りの高速で
フェラーリ、カウンタックの集団が玉突き事故
総額いくらみたいなニュースやってて
まさかwwwwとか思ったんですよね
同じ集団ならそれはそれで奇跡だし
別の集団ならそれはそれである意味怖い思い出です
  • 2015-09-30 22:09
  • tom
  • URL
  • 編集

[C550]

ねんちさん>

こちらこそお久しぶりです。

このクルマは試乗車が少ないですよね。
最初は五日市の方に1台しか確認できませんでした。

確かに、ホンダが作った和製エリーゼ。
屋根がタルガトップになった所までよく似てます。


声を大きくしては言えませんが
本来我々としては安全など無視して1キロでも
軽量化に走って欲しい気持ちだと思います。


ただ等身大のスポーツカーとして
雰囲気もハンドルフィールも加速感も
充分満足行く造りでした。

乗ると疲れるクルマだと思うんですが
ホンダの本気を受け止めてやろうと思っています。


tomさん>

実は免許取り立ての頃
長崎までドライブに行ったことがあるんです(`´)

そういわれると信号が多かったかもしれません(笑)
すげぇ不安だった思い出が蘇ります…(T_T)

スポーツカーは単純に好きで乗る人もいれば
もちろんそうでない人もいるでしょうから…
流行に左右されるのは仕方がないと思われます。

景気がいいと売れる、というのもあるらしいですし。


まあ大体1台乗ってみたら懲りるんじゃないかなぁ…と(笑)
一種の修行ですからね、愛が試されます。


フェラーリは山口でも集団で事故していた様な…

ああいうパワーのあるクルマになると
(心の)制御も難しいのかもしれません。

  • 2015-10-01 23:10
  • なかばやし
  • URL
  • 編集

[C551]

長崎経験者でしたかwww
長崎は地元の人間じゃないとわかんない信号があったりしますから結構困るって話はよく聞きます
路面電車の信号も一緒にくっついてたりしますし

流行り廃りは仕方ないんでしょうねぇ……
グランツー発売した時とかは車好きが増殖しましたが
その時の愛極まって日産に入社した友達がいますよw

もしかしたら山口だったかもしれないです
ちょっと記憶が定かでない
  • 2015-10-03 01:30
  • tom
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール


なかばやし黎明

Author:なかばやし黎明

イラストレーターです。

2017年5月より
「兼業」になりました。

その為、急なご案件には
お応えが難しくなっております。

現在2018年4月頃まで
ご相談を頂いております。

ただ、何かございましたら
一度ご相談頂けますと幸いです。


ご連絡は以下
メールフォームより
お待ちしております。