Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rapiecage.blog44.fc2.com/tb.php/195-a7ee3dc7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新PC組み立て記 ~完成編~

ということで届きました(゜゜)

DSC_0314.jpg

DSC_0315.jpg

…しかしこの日がちょうど2月15日
世間がバレンタインで賑わった(?)次の日でした。

DSC_0317.jpg

そんな時分この包装はねぇだろうと。

もちろん今年も混ぜ物なし安定の母チョコだけです。


本命モノなんか…この人生、見たこともないですが
ホントにもらってる人、この世にいんのかな。

母チョコもない年があるので
2016年は上々といった収穫でした。

せっかく貰ったものなので
ブランデーと共に楽しもうと、今だ保存しております。


コルセア CMK32GX4M2A2400C14 (DDR4メモリ 16*2=32GB)

DSC_0318.jpg


インテル Core i3 6320 3.9Ghz

DSC_0319.jpg


DSC_0320.jpg

DSC_0321.jpg


ギガバイト GA-Z170N-WIFI

DSC_0326.jpg

DSC_0325.jpg


Mini-ITXで構成するので
パーツも少なく、小さくでなかなかいいです。


そして今回のキモのPCケース「METIS」です。

DSC_0330.jpg

DSC_0331.jpg

DSC_0332.jpg

DSC_0333.jpg

DSC_0334.jpg

DSC_0335.jpg

DSC_0336.jpg


比較対象としてナギサちゃんフィギュアを置いてみました。

A4にも収まりそうなこのコンパクトさ。
横におしゃれな小窓が付いています。


それにしてもまぁ、この中にATX電源をブチ込むのですから…
ホントに入るのか?と多少不安になりました。

DSC_0327.jpg

DSC_0328.jpg


パソコンの自作というと
専門性が高そうに思えますが
最近はこんな親切な冊子までついています。

手取り足取り解説なので
これならだれでも組めそうだ。

正直、そんな身構えるほどのものではありません。


そんなわけでガラっと1日空けて組む…
というのは難しかったのでジワジワとやっていきました。

DSC_0337.jpg

DSC_0339.jpg


この板の上にパーツを組んでいきます。

今までは大したことしないので
マザーボードにお金を掛けるのは勿体ないと
1万ソコソコの安ものばかり使っておりました。

しかし今回は1万7千円もする上級マザーです。

さすが細部の造りがいい感じがします。

DSC_0340.jpg

DSC_0341.jpg


そこに今回の最初の主役
i3の6320をパイルダーONします。

すぐにcpuクーラーの下に隠れてしまうので
今だけでもその雄姿を…(゜゜)


そして黒いヒートシンクがかっこいいメモリを差します。

このスコっとした手ごたえが、何度やってもたまらんです。

DSC_0347.jpg


以上で挿しモノは完了です。

グラフィックカードもないのでシンプルなものだ…


それでは問題のPCケースの中を
下見してみましょう。

DSC_0350.jpg

DSC_0351.jpg


電源の排気口がケース下に来るという仕様です。

大体フツーのケースは
背面パネルに排気口が来るモノなのですが、どう見ても下。

…さてはこやつ、電源を冷却させる気がないな?

DSC_0353.jpg


一先ず先ほど組んだマザーを入れてみました。

この左側に電源が来るわけですが…

そこに電源入れるとSSDなどを繋ぐケーブルを
挿す余地がなくなってしまうのでは…と早速戦慄。

DSC_0358.jpg


Mini-ITXだと後ろの差込口も少なめです。

大体持て余すので、一般的な使用であれば
これくらいあれば十分だと思われます。


さて、この辺で旧PCからパーツをコンバートする為に
分解することしました。

DSC_0364.jpg


先ず記憶装置であるSSDです。

左から80GB/120GB/120GBです。

結局、エロ倉庫HDD氏は
あのケースの狭さを目の当たりして
コンバートを遠慮して頂きました。

全パーツで一番の長期勤労者だったのですが…。

煩悩よ、今はしばし眠れ…。


よって今回は初の全SSDという構成になります。


そしてこのデカブツが自慢の800W電源です。

DSC_0366.jpg

DSC_0365.jpg


これは(真夏でも)動作音が非常に静かで
高かっただけあって実に優秀なパーツなのですが
いかんせんでかい。

そもそもこんなちっこいケースに入れて
運用する事を想定したモノではありません。

しかしそこを無理してブチ込む、いわゆるロマンでしょうか。

DSC_0368.jpg

DSC_0369.jpg


一先ずSSDを先に設置しました。

下側に2枚、天井部のロフトに1枚です。

基本的に1日中起動しっぱなしの使い方となるので
こういう小さいケースだと熱を如何に発生させないかも重要です。

そういう面でもエロ倉庫は
大した仕事をしないわりにアツい存在でもあったので
この中には入れなかった、そういうことです。

せっかく汚れ役を引き受けてくれた上にこの扱い…。

人が生きる上でそういう存在が
少なからず出てしまうのがこの世の無常さなのでしょうか。

DSC_0370.jpg


…ケース内が電源で埋め尽くされてしまいました。

まるでモンスターみたいです。

マザーボードがあるととても侵入スペースを
確保できなかったので、一度外しました。

その後も、この電源の入ったスペースに
マザーを入れるので、もはや知恵の輪状態です。

DSC_0372.jpg


最終的に箱の天井・床部まで分解して
どうにか収めることに成功しました。

1時間で組めると思っていたら
結局4時間くらい試行錯誤するハメになりました。

見渡す限り電源ケーブルで
とてもクールとは言えない仕上がりです…(゜゜)

しかし収まっただけでも良し。
そういうシロモノですよ、これは。

このムリヤリ感が男心をくすぐるのです。

DSC_0373.jpg


そしてPC置き場に置いてみました。

先ほどの画像と比べると
いかに小さいかがよくお分かり頂けるかと思います。


ただちょっと空間がさみしくなったので
ラックを2段にまとめました。

DSC_0376.jpg

DSC_0377.jpg


うん、いいですね。
フィギュアと仲良くやってけそうな雰囲気です。

この後OSのウィンドウズ10をインストールしました。

こちらはウィンドウズ8.1のプロダクトキーがそのまま使えるという
バージョンのモノを試しに入れてみました。

結果、すんなり認証OKでした。

実はi7 860の方にも8.1からアップグレードをかけた
win10を入れておりました。

試しにそちらのプロダクトキーを入れても通ってしまったという…

これはアレな方面の話なので
聞かなかったことにしてください。


しかし難点として、1つだけ困ったことが。

今回は一先ずその実力チェックで
CPU内蔵のグラフィック
インテルHD530を使うことにしました。

このドライバを最新版にすると
cintiq21の認識をしなくなってしまうのです。

普通のディスプレイを接続すれば映るあたり
なかなかもどかしい現象で
今はウィンドウズ10標準のドライバで動かしています。

インテルのドライバがアカンと言われる由来は
ここらへんにあるのでしょうか。

結局は後でグラフィックカードも
追加することとなりそうですね…。


さてそれでは新PCの実力チェックをしましょう。

とりあえずPSO2のベンチで行ってみましょうか。

設定は一番負荷の掛かる「5」番で
解像度は液晶の関係で「1600*1200」の
フルスクリーン表示になります。

先ず先代機の方です。

pso20160219_232932_000.jpg


おお…古くなったといっても、さすが上位CPUと
当時売れ筋のグラフィックカードですね。

フレームレートも平均140FPSあり
PSO2くらいなら十分快適に動作します。


さて、おまちかねの新型機行ってみましょう。

pso20160224_235628_000.jpg


…。

おいおい、なんだこのスコアは(´`)

フレームレートも平均40FPSとなり
思ったよりは動くな…とも感じましたが…

タイトルセレクトでマウスのカーソルが
遅れて着いてくる様な状況だったので
これでプレイはちょっとキツそうでした。

5000は行くと期待してたのですが
HD530氏も所詮この程度でしたか…(T_T)

もしかすると、内蔵グラフィックのドライバが
ウィンドウズ標準というのが原因かもしれませんが
ゲームするならGTXの950くらいは奢りたいですね。


とまあ、ゲーム用途では大幅なスペックダウンとなりました。


さて、イラスト用途(主にClipPaint Studio)ですが
これは確かに効果がありました。

シングルスレッド性能の上昇に伴って
線を描く時、ほ~んのちょっとだけ書き味がスムーズになっています。

といっても「違いが判る♂」の
ネスカフェのゴールドブレンドの違いくらいですが…。

それ以外はi7の860と挙動は変わりません。

イラストを描く程度の要求であれば
多少色味が違ってきますが
内蔵グラフィックで何一つ不自由することはございません。

このCPUは普段の何気ない動作で速さを実感できます。

イラスト用途以外でも全体的なキビキビ感は
明らかに1ランクアップしております。


また、SSDが本来の性能を発揮している様で
ファイルの保存ゲージがとんでもなく早くなりました。

ウィンドウズの起動も電源ボタン押して
こたつに座るころにはデスクトップ画面になっているので
確実に以前の3倍は速くなっています。

フツーのSSDでこの速さなので
M.2スロット用のモノを増設するとどうなるのか。

今から楽しみですが、今は軍資金が…。


メモリ増量はもはや言わずもがな、です。

これでソーシャルゲーム向けの
凝ったデータもラクになればいいな…。


最後に意外な収穫として
PCがほぼ無音となりました。

これはエロ倉庫をコンバートしなかった事と
純正でついていたケースファンが実に静かな為だと思われます。

(電源も静か…というのも、先ほどけなしまくった彼の名誉の為に…)

最初動いているのか不安になったほどで
この静かさは、なってみるといいもんだなと思わされます。

最後にCPUの温度などを…

tmp.jpg


ちなみに暖房はこたつだけなので
室温は…たぶん5度か7度くらいではないでしょうか。

上の画像はPSO2ベンチやった後なので
かなりホットな状態だと言えます。

今見ると大体20度くらいで安定しています。


サイレント&クール、そしてコンパクト。

約8万円の投資でしたが
その価格帯で32GBメモリを載せたミニPCは見かけないので
なかなか面白いお絵かきマシンになったと満足しております。

これで電気代も安くなれば言うことなしですね。

さて、これで出力は整ったので
次は液晶タブレット…なんですが

…20万円は…そう簡単に出ないので
もう来年持ち越しでしょうか(゜゜)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rapiecage.blog44.fc2.com/tb.php/195-a7ee3dc7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール


Author:なかばやし黎明

イラストレーターです。

2017年5月より
「兼業」になりました。

その為お急ぎのご案件は
お応えが難しくなっております。

本年いっぱいは
スケジュールが決まりました。

しかしご依頼を
お考え下さいました際には
一度ご相談をお待ちしております。


ご連絡は以下
メールフォームより
お待ちしております。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。