Entries

お仕事紹介 逆襲のファンタジカ

シリコンスタジオ株式会社様開発のスマートフォン専用ゲーム
「逆襲のファンタジカ」についてです。

公式ページ
http://www.siliconstudio.co.jp/socialgame/fantasica/


ミドガルド戦記でお世話になった関係で
本年からイラストを担当させて頂いておりまして…(^^)

現在2名のキャラを描かせて頂きました。

(クリックすると全体画像が表示されます)

★8 清泡の雫スプマンテ
fantasica_1.jpg


スプマンテは「炭酸飲料ちゃん」というノリで…

最初の原稿だったので何も知らなかった自分は
「あら、ファンタジーじゃないの?」
とかなり戸惑ったものです(笑)

ついでに偽神戦記の2巻がアレコレしていた関係で
多少急ぎ足の制作になってしまって…

ちょっと色々と悔いが残るキャラになってしまいました。
塗りもちょっとチグハグな感じになってますね…。

かなり不思議な装備のキャラなので
きっとキャラをドット絵に起こされた開発の方は
大変だったのではないかと想像してしまいます…。

いやぁ、申し訳ないです…(T_T)


★8 記憶の管理者メモワール
fantasica_2.jpg


図書館の巨乳美女、メモワールについては
つい最近ゲームにて実装されたキャラになります。

彼女は自分の所に届くご指定としては
珍しく文化系キャラで…(゜゜)

気付いたら戦闘系のキャラばかり描いているのですが
もちろん文化系も好きなんです。

スプマンテの時の思い出もあって
かなり手を掛けたイラストになりました。

背景も1点透視になるので狭く見えないように工夫したり
おっぱいもいい載り具合になるようにこだわりました。

やはり進化版を考えなくていい
1枚絵は力を入れられるな…と(゜゜)

ただ2枚目にして枠への収まりを
多少軽視してしまった面があり
そこは次はよく考えようと思っています。

しかし今年のお仕事の絵で一番上手く描けた
そんな気がしております。


逆襲のファンタジカもオファーがある限り
「お前のキャラはドットにしにくい」と言われるまでは
引き続き担当させて頂こうと思っています。


またなかばやし臭いキャラを見つけたらよろしくお願い致します(´`)

煩悩ちゃんBモード

実は先月東京に行ってきました。

ちょうど「デング熱」が過熱していた時期で
しかも新宿周辺が今回の行動拠点だったので
「こりゃ持って帰るかな」とは思っていたわけです。

もちろん東京でも会う人会う人に
「かかっちゃうかも?」と冗談を言いまくっていたわけです。


すると、持って帰りました。

5日間くらい38度の状態が続き
平熱に戻った時は逆に居心地が悪かったほどです。

人間言葉に出すと、それは現実化するものだと
改めて思い知らされた一件でした。


その遅れの関係でまた時間が空いたので…(笑)

昔にキャラを作ってから
ずっとやっていなかったPSO2ですが
今年の2月頃少し再開していました。

その目的は「バニースーツ」。

丁度再開した頃はもうくじでも手に入らない状態になっており
こそこそ金稼いだり、アレしたりで手に入れたものです。


個人的に前からバニースーツを描きたい
フラストレーションが溜まっていたので
この機会に一斉に吐き出してしまおうと思いました。


本日は皆既月食ということで下絵です。

bonknowchan_b_1.jpg

こういうのは見せ物じゃない気もしますが
ヒマなので載せてしまいます。

あんまりこのラフ通りでない絵になりましたが…

bonknowchan_b_2.jpg
bonknowchan_b_3.jpg

普通に立った絵って実は難しいのです。
自分は微調整しながらでないと描けない…

こういうところがスケッチブック描くのを嫌がるのと
基本がアヤシイと思われる原因です。


bonknowchan_b_4.jpg

この後顔小さかったかと思って微調整入ります。
ホントPCでないと描けない人間になってしまったな…

bonknowchan_b_5.jpg

そして今回のこだわった部分
網タイツについてです。

網タイツ。

絵に描こうとするとなかなか上手く
表現できない素材だったりします。

こう、硬い感じになっちゃったり
網タイツの良さが出てこなかったり…

しまいにゃちょっと網目がウザい感じなってしまったり…
とにかく難しい。


特に線を引いただけで表現しようとすると
どうしても魚焼く網みたいな色気のないものに
なってしまう経験を何度かしております。

そこで今回は網を「斜めの線が交差したもの」と捉えずに
「肌に沿って変形する四角」として考えることにしました。

ちなみに上の画像は「斜めの線を交差させた」だけのものです。

これは賢明な読者であれば
なんか違うと思われませぬか。

bonknowchan_b_6.jpg

「これも交差させただけじゃねえか」
と言われるかもしれないんですが…

一応一つ一つの網目を四角として描いたものです。

とんでもなく手間が掛かっています。
もはやヒマだからなせる内職です。

bonknowchan_b_7.jpg

そしてもうひと手間かけて
太さを出してみました。

こうするとなんとなく説得力でないでしょうか…?

…ああ出てないですか…
でも頑張ったから良しとします…

bonknowchan_b_8.jpg


完成しました。
さすが自分の欲望をカタチにしたキャラだけあって
今回も欲望丸出しな勢いです。

ただ実際のPSO2ゲーム内では
あの頃「網タイツ」が高すぎて手に入らなかったので
履けなかったのが現実です。

bonknowchan_b_9.jpg

ということで生足版も…。

個人的にはこっちの方が馴染み深いな…

いつもは飛び道具使ってますが
バニースーツにはカタナが似合います。

特にどこでも手に入るベーシックな
アルバカタナの形状が一番気に入っています。

PSO2の武器はよく考えてあって
腰を据えて描くとおもしろいですよ。


いつもどおりpixivに大きいサイズその他を置いておきます。






もしかしたらこの後も引き続きヒマそうなら
溜まったお仕事紹介をまとめてするかもしれません…

女神転生に♀なんて期待していなかったのに…

こっち専用の絵を描けなくなって丸1周年ですか…。

そんなわけで少し時間が出来たので
久しぶりに絵を上げてみようと思います。

ここでポンと流行りのキャラでも描ければハッピーですが
なかなかそういうわけにも…

そんな訳でまた前から描きたかった系です。
毎度これですが。


最近まったくやってないですが
自分は本来はRPG好きです。

その中で真・女神転生なんかは
ゲームとして非常にいいと思っております。

事の発端はある日、女神転生の「車いすの男」の正体は誰なんだ?
と、どうしようもなく気になった所からでした。

ネットで探すと「ナカジマ」という単語があったので
「この製鉄所みたいな名前はなんだ?」
とばかりにたどり着いたのがFCの初代女神転生です。

自分はSFCからプレイした方なので
FCは全然知りません。

そんなわけで、どうせショボイ画面なんだろうと
色々見て回ったのですが…。

そこにウワサのナカジマ氏とユミコというヒロインが。

…あれ?

「女神転生にこんなカワイイ娘いたのか!?」
と衝撃を受けました。

なにしろ一番最初にやったのが
幼馴染がボディコニアンになるようなゲームです。

それ以降も色々と見ましたが
「女神転生に♀成分を期待してはいけない」
というのが自分の中のある種の結末だったワケです。


しかし初代には普通にいたんですね、かわいいヒロイン。

メガテンヒロインなのにかわいいというギャップと
自分好みの外見に1年前くらいから
いつか描いてやろうと思っていました。

そんなわけで、メガテン1番の正統派美少女
弓子嬢の下絵行ってみましょう。

yumiko_1.jpg

色々決まってないですね、この下絵は。
しかもまた寝た絵です。

このあたりで気合だけはあるが
果たしてかわいく描けるか不安になっています。

yumiko_2.jpg

FCにも火之迦具土があったみたいで…。

たぶんナカジマ専用だと思うんですが
ここはもう勝手に弓子のもの。

メガテン恒例の最強剣ですが
結構あれこれとカタチが変わってるみたいです。

なので色々合体させてみました。

yumiko_3.jpg

残っていたの途中の段階です。

最近お仕事でぱんつが少しでも出てるとすぐ修正なので
この段階では鬱憤晴らしによく見える具合になってます。

女の子が動けばぱんつの1つや2つ
見えてしまうのはしょうがないのです。

見えない方が不自然です。

最近の世の中はアレコレ小さいことに
神経質すぎじゃないかい、と自分は思います。

yumiko_4.jpg

もうちょっと詰めたかったんですが
次のお仕事のご指定書がきたのでここで終わりです。

先程よりぱんつが隠れてしまったのは良心です。

一応背景なしもどうぞ。
無い方がいいかも…。

yumiko_5.jpg


こんなヒロインだったら
回復魔法の1つや2つ掛けて貰いたくもなります。

そりゃワザとケガしたり死んだりしても無理はないです。

女神転生に美少女あり。
彼女の顔グラフィックにFCの意地を見た気がします。

彼女には時代が流れても通用する
普遍性がありますね。

弓子を発見できたのも車いすの男のおかげです。


これ、記念に一度アレでプレイしてみたんですが
現代のユルゲーに飼い慣らされた精神では
どこでもセーブがあっても乗り越えられそうにありませんでした。

完全にゲームが楽しませてくれるのを
待っている人間になっちゃったのかなと切なく思いました。

今回もpixivに特大サイズを置いておきます。
大きくして見た方がいい系の絵かもしれません。





それではまた仕事に戻りますか…。

偽神戦記2巻が発売されます。

すでに2か月前になりますが
6月に引越しをしました。

やはり家賃駐車場代込み3万円では
夏、蚊が異常に多いのと最上階(2階)のせいか
部屋が暑くて参っていたからです。


他にもどうも越してからいい絵が描けない…など
これは他の部分に原因がありそうですが
ダメになるなら万事を尽くそうと思った結果です。


今では毎朝、瀬戸内海のカキいかだを見渡せる
部屋に移行しました。

それで絵は…まあ…良くなったのかというと
多少効果はあった気がします。

けれども、自分もそろそろ若さ…というか
意思の力というか…絵に懸ける情熱というか…
アレなんじゃないかと思ってしまう日々が増えております。


そんな訳で4月に初のライトノベルのイラストを
担当させて頂いた「偽神戦記」。

最近業界も厳しいそうなので
そう易々とは事は運ばない…。

早い話「まあ、2巻は出ないだろう」
と思っていたのですが…。


5月に担当のMさんと1巻制作打ち上げで
広島の国際ビール祭典に行った時の事。

昼間に広島のアニメイトをウロついて目撃した
山積み偽神戦記の光景にショックを受けながら…。

オレの絵じゃやっぱダメだったか…
しんみりした反省会だろうなあ…と
待ち合わせをしていたものです。


しかしたまには事がうまく運ぶことがあるようです。

「2巻制作決まりました!」
とMさんの何か裏に抱えてそうな素敵な笑顔と
第一声を頂きました。

978-4-08-630798-7.jpg

三国陣先生のツイッター
https://twitter.com/mikunijin

(今回ちょっと鮮明な画像を用意できませんでした)


事前によくない場面を目撃してしまったので
こういう流れになってくれたのが非常に嬉しかったです。

…けども、また締め切りをにらめっこして描くのか…と思うと
夜の広島の街を見ながら、シブい表情をして漆黒のビールを煽っていたのは
もちろんここだけの話です。


今回は色々ありまして
結果的に制作時間は1巻より少なかったと思います。

しかし、折角2巻出るんだから
自分だけでも盛り上げていこうぜという気持ちでやりました。

率直に言ってこの巻で終わっても
悔いはない、という境地です。


1巻で主要人物の容姿などが大分決まっていたので
2巻では絵の方に力を割ける場面も増えました。

挿絵などのモノクロ原稿の処理も
1巻のおかげで多少掴めたものがあったのか
いいんでないかというモノも描けました。

最後の挿絵であるソニアのイラストは
気に入っています。


ストーリーの方も1巻は一体どう続けるんだ?
という終わり方でしたが
2巻ではそこがキレイに繋がっている印象を受けました。

むしろ2巻の方がキャラに表情が出てきて
面白かったと自分は感じております。

1巻を読んで手応えを感じて下さった方は
ひとつ2巻の方も買ってみてください。


そしてこれは私事ではありますが
元バイト先であるフタバ図書岩国店にて
2巻発売のときに色紙がPOPされる…かもしれません。


事の発端は以前遊びに行った時
昔から一緒に働いていたスタッフの方々に発見されてしまい
偽神戦記の件で尋問されてしまった件に至ります。

「折角なので色紙いてください!」
という流れだったんですが…自分そういうのニガテなので…。

コミケのスケッチブックなんかも
極力描かない方向にもっていきたい方の人間です。


なにしろ価値は出ないだろうし…
…とボヤこうと思ったら既に紙を買ってきて貰っていまして…。


もちろんバイト時代にお世話になっている手前
紙まで用意してもらって断るのも人間としてどうかと思ったので
「偽神戦記の2巻用POP」を名目に
描くハメになってまいました。

DSC_0110.jpg


久しぶりに水彩絵の具を使うと
こうも思った色にならないものなのかと…(笑)

PCで描いても怪しいのに
紙に描くと実力が露呈しましたが
機会があれば見てみてください。


え?3巻の発売は…
もちろん1巻の時と同じように
現時点では未定となっております…(゜゜)


神獄のヴァルハラゲートのヴィクトリアを担当しました!

先日実家に帰った時ケータイを忘れて帰りました。

1か月に1回鳴ればいい方というモノなので
あってもなくても別に大丈夫だろうと思っていたのですが…。


無いとやっぱり困りますね。

特に今までどれほど「目覚まし機能」に頼ってきたかを
痛感しました。


昨日取りに戻ったのですが
こういう時に限って不在着信が何件もある。

みんな実家に忘れたのを知ってたんじゃないのか?


というわけで先月に続きまして
株式会社グラニ様の「神獄のヴァルハラゲート」にて
カードのリリースご連絡を頂きました。

victoria_cm.jpg

(クリックすると全体画像が表示されます)


勝利の女神ヴィクトリアというキャラです。


彼女はちょうど偽神戦記の直前に制作していたキャラです。

本当は3月何も予定を入れていなかったので
この絵は極限までやってやろう…と思っていたのですが…。

結局あまり引っ張ると間違いなく後に響くので
現在の状態にて完成とさせて頂きました。


実はこのイラストはゲーム内とは少し違っています。

主に髪の色とキャラの彩度を上げております。

更に枠の関係で左右反転が掛かっているので
ちょっと違和感あるかもしれません。


ただ、まあそこらへんはオトナの事情というヤツで
個人的にこの絵については修正前の方が好きだったので
今回はご了承を頂いて載せています。


基本的に自分は意識しないと地味な色になってしまうので
カード絵に向いてないな、とはよく思っております。


「困ったら空」と言わんばかりよく描きますが
今回の雲の具合はよく出来たと自分では思っています。


5月ものんびりできないのか…(゜゜)

偽神戦記のイラストを担当させて頂きました!

事の発端は2月の中頃
「ライトノベルのイラストやりませんか」
というオファーを頂いたところからでした。

ライトノベル…。
実は今までもお話を頂いたことがあったのですが…。

あくまで自分はゲーム関係の仕事がしたいので
そこまで挿絵というのは進んでやりたい方ではありませんでした。

それにネックはとんでもなく締め切りがタイトな事で
都度お断りするカタチになっていました。


大体カード絵1枚に半月掛けるような人間が
1ヶ月で表紙から挿絵まで描け言うのが暴挙なわけです。


しかし最近、カードイラストの
豪華そうに見えて派手で迫力があって可愛くてエロい(規定内で)
という見えない圧力下で絵描くのに疲れていたのも事実でした。


それに今回頂いた内容は王道のファンタジーストーリーです。

男なら一度はそういうのに関わってみたい
そう思うのが我々30代のヤロウではないかと。


そこでスケジュールの見通しを立て
キャラ考えたり装備や作画もしっかりしようとすると
3ヶ月…、少なくとも2ヶ月は要るんじゃないか…

丁度予定も色々と融通を頂いて
2ヶ月空けることが可能そうだったので
最初は「2ヶ月」で話を進めさせて頂いておりました。




ただまあ…色々ありまして
結局「1ヶ月」で全部描く具合になりまして…



最初1ヶ月は絶対ムリだと…(笑)

他のお仕事でも原稿料が多少安かったりは
生活を工夫すればいいので絵に反映させない様に
出来る方だとは思っております。


ただ時間がないのだけは間違いなく
絵のどこかを削らねばならない。

そういう絵を載せてしまうのは
自分の信念にも反したことですし
最終的に頑張って本文描いた作者さんにも失礼だろうと。


それでほぼ半ギレになってまでお断りしようとしたんですが…(笑)



ということでこの4月25日。

集英社のスーパーダッシュ文庫から
偽神戦記 首輪姫の戴冠」が発行されます。


gishinnsennki_cm2.jpg



結局描いてんのか!とツッコミ入りそうですが
「欲しがりません、原稿終わるまでは」の精神で
色々アレしてどうにかアレしました。


これが出来たのも三国先生の太平洋の様に広い心と
担当のMさんの「挿絵はこれくらいで勘弁しておいてやろう」
という設定の賜物です。

ホントは「こうじゃないんだけどなァ…」
ってな点も多々あったんじゃないかと
渋いカオしながら想像しております。

その点は時間がなかったと言え
実力不足も踏まえ、本当に申し訳なかったなと今でも思っております。


ただ今回は絵の描き方も多少変えており
時間的なものと見栄えのやわらかさを重視しました。


結果全然ライトでないノベル表紙絵に
漢字だらけのタイトルと作家名で「こりゃ全編重い内容なんじゃ…」と
思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。


シミュレーションとRPGを合わせたような世界観で
王道の名に恥じず、自分の世代になると
ある種の懐かしさを感じさせる内容になっております。


ストーリーは後半になるほど(←何巻か出れば…という意味で)
最初の展開や人間関係が効いてくるのではないでしょうか。
(↑あくまで現時点での自分の見解として見てください)

しっかり考えられた武器の設定や
戦に関する描写など、絵として反映出来ていなかった部分は
アタマの方で想像を広げて楽しんで頂けるのではと思います。


…まあ、まだ2巻がどうなるかさえ決まっていないのですが…(゜゜)
絵描き風情がここで語り過ぎるのはよくないですね。


2巻で早々と絵描き変わっていたら
「アイツ、やっぱりやらかしやがったな」と思って下さって結構です。


きっとやらかしたのです。



というわけでこれがライトノベルのイラスト担当
最初で最後になるかもしれない「偽神戦記」。


新刊の入荷は少ない可能性もあり
書店によってはなかった、ということも考えられますが
見つけられた時は一度手に取って下さると幸いです。


で、一番上手く描けたキャラなんですが…
F○Tのアグ○アスみたいな…ターニャなんじゃないか…と…(笑)

そりゃお前が気に入ってるだけだろうと
いや失礼失礼…(゜゜)


今回やってみてライトノベルの挿絵がなぜアレなのか
実感した気がします。

みんな、枚数に対して時間が足りなかったんだね、と…(゜゜)

最近のお仕事ご紹介

お久しぶりです。

気付けば春…。


今年トヨタの期間工の募集が多かったので
何度行こうかと思ったこの3か月でした。


本当は何かしら絵を描いて載せたいのですが
自分の絵描くくらいなら仕事の絵を描いとけという
あまりよろしくない精神のサイクルにハマっております。



そんなわけで一応何かしています、ということで
最近リリースされた件をご紹介させてくださいませ。


株式会社グラニ様の「神獄のヴァルハラゲート」です。

こちらの3月27日からのノーマルガチャ限定カードとして
「官能神ラティ」を描かせて頂いております。

ratih_cm.jpg


(画像をクリックすると全体図が見れます)


彼女も、もう去年の夏頃…という
大分前のイラストではあるのですが…。


当初は官能神に恥じない勢いで描いていたのですが
これまたオトナの事情で多少セーフな感じにせざるをえなくなりました。


この頃から今でも続いているスランプの嵐の
兆しが見え隠れしてしまっています…。

こうやってみるとまた描き直したい所ばかり…(T_T)


実は3月、とんでもなく忙しかったのですが
その原因はまた近々お伝え出来ればと思っております(゜゜)

ツイッター辞めました。

先日始めたツイッターですが
やはり辞めることにしました。

理由は「それは心の中にしまっておけよ…」
的なことを軽々と入力してしまったり…

一番はつぶやいた後に「だからどうしたんだよ」と
自分の中で自分に対してつぶやいてしまったからです。


あと、そもそもつぶやくネタが豊富な生活をしていないので
これはやる必要がないな、と思ったのも決定打でした。


相変わらずの更新頻度になりそうですが
やはりこれまで通りこちら一筋で
やっていこうと思っております。

bonnouchan_re.jpg


そんなわけで煩悩ちゃんのリファイン版は
こちらに置いておきます。

(画像を開いた後に、煩悩ちゃんの上で右クリック
「画像だけを表示」を押すとサイズの大きい画像が見られます)


どこをいじったの、という感じですが
たぶん「前の」と見比べると違いがわかると思います。

ネスカフェ・○ールドブレンドじゃないんですが…。


最近仕事絵の塗りがホントマズいので
このラフ線に塗るのに変えた方が色々いいんじゃないかと
よく思います。

ツイッターを始めてみました。

もう1月も中旬ですが…
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

2014年、如何でしょうか。

2013年年末は大みそかにオヤジと現職について
口ゲンカしたかと思えば、年明けいきなりインフルエンザ。

ついでにウィルス性の結膜炎もセットで付いてきて
日頃の行いが悪いのではないかと思わせる年明けでした。


33歳になると「よし、1年新しい気持ちでやってやろう!」
とはそうそう簡単にはならない様です。


毎年今年で最後だと思ってイラスト業をしておりますが
今年一年…今までになく「今年で最後だ」と
リアルに思わざるを得ない年になりそうです。


そんなわけで最近まったくブログが更新出来ていないのを
個人的にも気にしておりまして…。


そこで以前から「ツイッターはしないんですか?」
と何回か質問を頂いていたので
この度思い切ってやることにしてみました。


ツイッター…。

今までしなかったのは、他でもなく
足らないノーミソを不特定多数にひけらかすだけになるんじゃないか
というのを恐れていたが故でした。

あとマイナス思考フレーズの描き溜めになるんではないかと…。


しかし先日から色々イジっていると
絵なんかも結構アップ出来そうで
やり方によっては使えそうな手応えがありました。


ということでブログはブログで一先ず書きますが
ツイッターも進めてみようと思います。

URLは↓になります。

https://twitter.com/nakaba_reimei

またもう少し理解してきたら
ブログパーツなんかをこちらに貼っておく予定です。


背景画像を何にするかと探して目に付いた
一昨年描いた煩悩ちゃんのリファイン版がありますので
よかったら見てみて下さい。

一方的に発信するだけで反応は出来ないかもしれませんが
極力最初は下らん事を呟かないようにしようと思っています。


そんなわけで、今年もよろしくお願いします(´`)

アンジュプレイマットが届きました。

先日お知らせしたラストクロニクル
ブースターパック第2弾の「英魂の讃歌」についてです。

カードショップG-PROJECT様限定の
わだつみの声アンジュプレイマット」ですが
関係者としていち早く購入してみました。

そして先ほど宅急便で届いたのですが…


lc_mat.jpg


…おお…これはなかなかよいものだ…。

左下のUSBメモリと比較しても
結構大きいサイズであることにお気づきと思います。

素材はもっと固いものかと想像していましたが
やわらかい布製で使わない時は
丸めてしまっておけそうです。


ディスプレイ上の制作サイズと同じくらいなので
カードでは潰れてしまうところまで出ていて
作者冥利につきますね…(T_T)

これは想像していたよりいい印刷具合でしたので
よかったら一度サイトの方をご覧下さいませ(´`)


カードショップG-PROJECT様通販ページ

http://gpro.skr.jp/


そういやプレイマットって…
…なんか卑猥な響きだな…(゜゜)

Appendix

プロフィール


Author:なかばやし黎明

イラストレーターです。

現在「兼業」へ移行中につき
表向きはお引き受けを
控えております。

ただ締め切りに余裕のある
お仕事にはお応えできます。

一先ず以下の
メールフォームより
ご相談をお待ちしております。